身長を伸ばすサプリって?

わが子の身長が心配・・・そんな低身長に効果的な身長を伸ばすサプリはあるの?

    

小学校高学年や中学生の子供を持つ親なら誰でも心配するのが発達のこと。特に男の子の場合だと、周りに比べて身長が低いのがコンプレックスになっていないかとヒヤヒヤするものです。

実際本人も男子だけに気になっていることもあります。女の子でも小柄すぎると栄養が足りていないのかと心配になりますね。

身長を伸ばすには栄養と睡眠、運動が基本ですが、栄養をバランスよく摂るのはなかなか難しいこと。

j

そこで身長を伸ばすサプリを使ってみましょう。1日数粒飲むだけで栄養素をバランスよく摂ることが出来ます。

身長を伸ばすにはカルシウムが良いと昔から言われてきたように、カルシウムのサプリなら良いのかと言えばそうでもなく、カルシウムだけだと意味がありません。

カルシウムは骨を頑丈にしてくれますが、伸ばすための栄養素ではないからです。しかしカルシウムも成長期に必要な栄養なのでしっかり摂りたいものです。

本当に身長は伸びるの?まずは安心のお試しセットがあればそれを活用しましょう

しかし、身長を伸ばすサプリなど、あるのでしょうか?あったとしても副作用など、子供に飲ませる分だけに心配になります。

安心安全で、効果が期待出来る身長を伸ばすためのサプリはどんなサプリなのでしょうか?「よく聞く10センチ伸びた!」などという誇大表現はしない、しっかり確実に効果が期待出来るサプリを選びたいものです。

そのためにはインタネットのレビューや口コミなどで、本当のことを調べる必要があります。またお試しセットなどがあれば、それを試してみると納得して購入することが出来ます。

身長を伸ばすサプリを使う前に成分をしっかり調べて口コミなどを利用しましょう

遺伝だから身長が低いのは仕方ない、と子供自身も思っているかもしれません。しかし親として諦める必要はないのです。

何故なら身長を伸ばすサプリというものが世間にはたくさんあり、副作用もなく安心して子供に飲ませることが出来るものがあるからです。

身長を伸ばすサプリと聞くと何か怪しげなものを感じる人もいるかもしれません。しかし、そのサプリの内容はたっぷりの栄養素なのです。

u

普段食事からとることが難しい栄養素をぎっしり詰め込んだものが身長を伸ばしてくれるのです。

例えば、今話題になっているのがアルギニンという成分です。子供の成長に欠かせない成分で、アミノ酸の一種となります。

アルギニンの必要摂取量は、50キロの子供だと食事でその分を摂ろうと思うなら、豚肉や鶏肉を400g以上、納豆なら10パックは食べなければなりません。

さすがにそれは難しい話です。ですから成長に必要な栄養素が必然的に足りなくなり、身長も伸び悩んでしまうのです。

口コミでも人気のサプリを選ぶと間違いなし?

しかしここで紹介するDr.Senobiruというサプリはアルギニンが1袋に2,500㎎も含まれ、粉末タイプのドリンクとなっているので、大変サプリとしては飲みやすく、グレープフルーツの味がしますから、まるでジュースの感覚で飲むことが出来ます。

飽きない味ですから、毎日続けることも出来ます。また元気サポートとしてクエン酸も1袋に2,100㎎も入っており、子供の元気と成長をサポートしてくれます。ドリンクタイプの身長を伸ばすサプリはDr.Senobiruくらいでしょう。

子供はどうして身長が伸びるの?骨端線って何?

骨端線というとあまり聞き馴染みない単語だと思います。子供の骨はレントゲンで撮影すると骨の端っこが離れているように映ります。

これは子供のうちは、骨の端っこに軟骨が残っているためです。軟骨はレントゲン撮影には映らないので、骨の一部が切れているかのように映るわけです。

そして、この軟骨の部分(すなわちレントゲンに写らない空白の部分)を骨端線と呼びます。

骨は一度固まってしまうと長さはほとんど変わりません。一方で軟骨は成長ホルモンが放出されると成長しやすいことがわかっています。そのため、身長は骨端線のある時期によく伸びるわけです。

では、骨端線のある時は、いつからいつまでなのでしょうか?

骨端線は一般的に第二次性徴期(成長期、思春期)と呼ばれる10歳から17歳までの時期に見られ、その年齢を超えると骨端線は消えてしまいます。

これは骨端線の上下の骨が完全にくっつき、骨端線が閉じてしまっているためです。このため大人になると背が伸びなくなるのです。

身長を伸ばすなら、この骨端線のある17歳ぐらいまでが勝負になります。

子供の身長を伸ばしたいなら成長ホルモンを放出しやすいように早く寝るようにさせると良いでしょう。