身長を伸ばすサプリって?

わが子の身長が心配・・・そんな低身長に効果的な身長を伸ばすサプリはあるの?

    

小学校高学年や中学生の子供を持つ親なら誰でも心配するのが発達のこと。特に男の子の場合だと、周りに比べて身長が低いのがコンプレックスになっていないかとヒヤヒヤするものです。

実際本人も男子だけに気になっていることもあります。女の子でも小柄すぎると栄養が足りていないのかと心配になりますね。

身長を伸ばすには栄養と睡眠、運動が基本ですが、栄養をバランスよく摂るのはなかなか難しいこと。

j

そこで身長を伸ばすサプリを使ってみましょう。1日数粒飲むだけで栄養素をバランスよく摂ることが出来ます。

身長を伸ばすにはカルシウムが良いと昔から言われてきたように、カルシウムのサプリなら良いのかと言えばそうでもなく、カルシウムだけだと意味がありません。

カルシウムは骨を頑丈にしてくれますが、伸ばすための栄養素ではないからです。しかしカルシウムも成長期に必要な栄養なのでしっかり摂りたいものです。

子供の身長を伸ばすサプリだけではダメなの?

親にとって子供の身長は、気になる所ではないでしょうか。自分の身長が低いから子供に遺伝してるのではと思う方もいると思います。

でも、大丈夫です。そんな事はありません。身長が伸びる伸びないには、遺伝以外の要因もあるからです。

  • 遺伝
  • 栄養
  • 運動
  • 睡眠
  • 生活環境

また遺伝は慎重に大きな影響があると思われていますが、実際には25%程度しか影響がありません。遺伝以外の栄養、運動、睡眠、生活環境は、後天的な要因であるため、大人でもない限り、遅くはないのです。

また、栄養ですが、サプリをただ単に摂取させれば身長が伸びると勘違いされている方もいます。『〇〇サプリを飲めば身長が伸びる』などのうたい文句を見た事はありませんか?

こういった過剰な広告のせいかもしれませんね。しかし、残念ながらサプリを飲むだけでは身長は伸びません。

もちろん牛乳飲めば伸びるなども情報として不足があります。何よりまずはバランスの良い食事を摂ること、その上で適度な運動をし、十分な睡眠を取ることで身長が伸びるのです。

では、どのような栄養素が身長を伸ばすのために必要になるのでしょうか?

身長を伸ばすために必要となる主な栄養素には、次の5つがあります。

  • タンパク質
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • アルギニン

これらの栄養素を摂る事で、身長が伸びやすくなります。

必要な栄養素が分かったら、後は食事に取り入れたらいいのです。しかし、残念ながら普段の食事からの栄養補給が難しくなって来ているのが現状です。

最近では、野菜などに含まれる栄養素が低下してきているからです。必要な栄養を野菜から摂るとなると、かなりの量を食べなければなりません。

野菜の値段も高くなっていることを考えると、バランスの取れた食事を摂りながら上記の栄養素をサプリで補うのが現実的な選択でしょう。

本当に身長は伸びるの?まずは安心のお試しセットから

しかし、身長を伸ばすサプリなど、あるのでしょうか?あったとしても副作用など、子供に飲ませる分だけに心配になります。

安心安全で、効果が期待出来る身長を伸ばすためのサプリはどんなサプリなのでしょうか?「よく聞く10センチ伸びた!」などという誇大表現はしない、しっかり確実に効果が期待出来るサプリを選びたいものです。

そのためにはインタネットのレビューや口コミなどで、本当のことを調べる必要があります。またお試しセットなどがあれば、それを試してみると納得して購入することが出来ます。

身長を伸ばすにアルギニンを摂る

遺伝だから身長が低いのは仕方ないと子供自身も思っているかもしれません。しかし親として諦める必要はないのです。

何故なら身長を伸ばすサプリというものが世間にはたくさんあり、副作用もなく安心して子供に飲ませることが出来るものがあるからです。

身長を伸ばすサプリと聞くと何か怪しげなものを感じる人もいるかもしれません。しかし、そのサプリの内容はたっぷりの栄養素なのです。

u

普段食事からとることが難しい栄養素をぎっしり詰め込んだものが身長を伸ばしてくれるのです。

例えば、今話題になっているのがアルギニンという成分です。子供の成長に欠かせない成分で、アミノ酸の一種となります。

アルギニンの必要摂取量は、50キロの子供だと食事でその分を摂ろうと思うなら、豚肉や鶏肉を400g以上、納豆なら10パックは食べなければなりません。

さすがにそれは難しい話です。ですから成長に必要な栄養素が必然的に足りなくなり、身長も伸び悩んでしまうのです。

口コミでも人気のサプリを選ぶと間違いなし?

しかし、ここで紹介するDr.Senobiruというサプリはアルギニンが1袋に2,500㎎も含まれ、粉末タイプのドリンクとなっているので、大変サプリとしては飲みやすく、グレープフルーツの味がしますから、まるでジュースの感覚で飲むことが出来ます。

飽きない味ですから、毎日続けることも出来ます。また元気サポートとしてクエン酸も1袋に2,100㎎も入っており、子供の元気と成長をサポートしてくれます。ドリンクタイプの身長を伸ばすサプリはDr.Senobiruくらいでしょう。

さらに3つ、人気のサプリをご紹介

身長アップ対策のサプリで売れているのがフィジカルB、のびのびスムージー、カラダアルファです。これら商品には特徴的な成分構成があり身長アップをサポートします。

フィジカルB
フィジカルBの特徴は、4種類の栄養成分にあり、その一つがスーパーフードと呼ばれているスピルリナです。

この成分にはβカロチンやビタミンB1、B2、鉄などが豊富に含まれています。更に吸収性が高いので、食べ物からの摂取よりも効率的に栄養素を吸収できます。

また、消化吸収を促進する難消化デキストリンやカルシウムが豊富な、骨焼成カルシウムが含まれていて、そのカルシウムの吸収率を上げる為に、酸化マグネシウムが配合されています。

他にも成長には欠かせない、アミノ酸が9種類含まれていて、更に安心安全の原材料を使用しています。価格面では、毎月自動お届けコースが50%オフの4980円で購入できて、30日間の全額返金保証付きです。

のびのびスムージー
のびのびスムージーは、スーパーフードと呼ばれるモリンガが含まれています。アミノ酸が豊富に含まれているので、成長には欠かせない成分がしっかり摂取できます。

同じくスーパーフードのスピルリナも配合されているので、より身長アップへアプローチする商品です。価格は初回限定で60%オフの、2980円で購入でき、その後も33%オフで購入できます。

カラダアルファ
カラダアルファは、成長に欠かせない成分をバランス良く配合している商品です。ミネラルはカルシウムやリンなどを始め複数の成分が含まれています。

タンパク質には、コラーゲンや複数のアミノ酸が含まれていて、吸収率を高める為にバランスの良い配合にこだわっている商品です。

1ヶ月パックは6000円で、3袋セットや6袋セットからお得な割引があります。

子供の身長を伸ばしたい!そんな時にとりたい栄養成分とは?

子供の身長を伸ばす栄養素で代表的なものはカルシウムです。このカルシウムは、骨の密度を濃くして、骨を丈夫にするという働きがあります。

体がだんだん大きくなってきても骨がもろくスカスカでは健康的に身長を伸ばすということはできません。そのためカルシウムは、一日に800mg程度必要であるといいます。

また身体の成長、そして骨の成長を促すためには身体の主な構成成分であるたんぱく質を摂取することが大切です。

タンパク質といってもいろいろなものがありますが、アミノ酸やアルギニンといったものは、体の成長を促すので是非摂取したいものなのです。

また子供の身長を伸ばすときには、成長ホルモンの分泌の重要ですが、アミノ酸は成長ホルモンの構成成分にもなっています。

そんなアミノ酸やアルギニンといったものは、肉や魚、大豆製品などに多く含まれています。主にタンパク質と呼ばれるものですね。

子供の成長期、身長の伸ばしたい時には、カルシウムだけでなくアミノ酸やアルギニンを摂取するということを意識して、栄養素を摂取することが大切です。

子供の身長が伸びる時期を知る

子供は自然に大きくなるものだと考えがちですが、実は、身長が大きく伸びる時期というのがあります。

なかなか身長が伸びないなと思っていても、身長が伸びる時期にグンと成長する子もいるものです。

ですから、この時期を逃すことなく食事、運動、規則正しい生活を心掛けることで、子供の身長を伸ばす手助けをすることができます。

さて、身長が伸びる時期ですが、基本的に18歳までと言います。その中でも生まれてから大きく成長するのは生後1年間の間、そして10歳~16歳くらいまでの思春期が成長が目覚ましい時です。

ただ個人差があること、性差があることも覚えておきましょう。一般的に女子のほうが早く思春期を迎え、男子はもう少し遅い時期に思春期を迎えます。

この時期に偏食やストレス、睡眠不足などを抱えると、栄養素が不足し成長ホルモンの分泌も減らしてしまうので身長を大きく伸ばすことができません。

つまり反対に言えば、この思春期の時期に、必要なカルシウムやミネラルなどバランスよく栄養を摂取し、睡眠をしっかりとって成長ホルモンの分泌を促してあげるといいわけですね。

このように身長が伸びる時期に気を付けることが、身長をどれだけ伸ばすことが出来るかということに繋がります。

また大人になってから、いくら食事や運動をしたところで、次に述べる骨端線がないため、ほとんど身長を伸ばすことはできません。成長期を迎える子供のうちに対策を取ることが大切なのです。

子供はどうして身長が伸びるの?骨端線って何?

骨端線というとあまり聞き馴染みない単語だと思います。子供の骨はレントゲンで撮影すると骨の端っこが離れているように映ります。

これは子供のうちは、骨の端っこに軟骨が残っているためです。軟骨はレントゲン撮影には映らないので、骨の一部が切れているかのように映るわけです。

そして、この軟骨の部分(すなわちレントゲンに写らない空白の部分)を骨端線と呼びます。

骨は一度固まってしまうと長さはほとんど変わりません。一方で軟骨は成長ホルモンが放出されると成長しやすいことがわかっています。そのため、身長は骨端線のある時期によく伸びるわけです。

では、骨端線のある時は、いつからいつまでなのでしょうか?

骨端線は一般的に第二次性徴期(成長期、思春期)と呼ばれる10歳から17歳までの時期に見られ、その年齢を超えると骨端線は消えてしまいます。

これは骨端線の上下の骨が完全にくっつき、骨端線が閉じてしまっているためです。このため大人になると背が伸びなくなるのです。

身長を伸ばすなら、この骨端線のある17歳ぐらいまでが勝負になります。

子供の身長を伸ばしたいなら成長ホルモンを放出しやすいように早く寝るようにさせると良いでしょう。